ジムニーに最適なトラクションデバイスは?デフロック?LSD?

ジムニーに最適なトラクションデバイスは?デフロック?LSD?

クロカン・廃道・トライアルのような難所系オフロードを攻めるジムニー乗りが求めるものは何よりも「走破性」だと思います。そして「走破性」を向上させるために必要なのはタイヤがしっかり地面を蹴って駆動を伝えることが出来なければなりません。

それには、サスペンションのストローク量を増やしタイヤを地面に接地させることも重要ですが、今回紹介するトラクションデバイスは、装着によって駆動を伝える機構をコントロールさせることが可能となり飛躍的に「走破性」の向上が望めるパーツとなります。

 

 

▼トラクションデバイスとは

車は曲がる際に内側と外側のタイヤでは走る距離が違います。外側の方が半径が大きいので長い距離を走らせる必要があります。この内側と外側の回転差はデファレンシャル(差動歯車装置)というギア(通称:デフ)を間に入れて、多く走る方をより多く回転させて車を曲げています。

この回転差を少なくする、または無くす作用をさせるパーツがトラクションデバイスといいます。

作動歯車装置図解

出典:差動歯車装置(さどうはぐるまそうち)とは – コトバンク

 

トラクションデバイスがないとどうなるか

ジムニーでクロカン・オフロード走行をするとサスペンションのストローク不足でタイヤが浮いてしまう場面があります。そうするとタイヤへの抵抗がなくなるのでデファレンシャルギアが勘違いして接地していないタイヤにだけ駆動を伝えるようになります(雪上・氷上のような滑りやすい路面でも同じことが言えます)。

そのような路面状態の場合は、空回りして前に進まなくなってしまいトラクションデバイスが装着されていないジムニーはスタック状態に陥ります。

 

走破性を求めるなら必須パーツ

トラクションデバイスが必要となるのは転倒も厭わない走破性を求めるユーザーにおすすめするパーツです。特にジムニーには様々な種類のトラクションデバイスがあるので、走行するシーンにマッチしたデバイスを選択することで、さらに「走破性」の高いジムニーとなります。

 

初心者はオープンデフから

トラクションデバイスが装着されていない車両のことを「オープンデフ」といいます。初心者はまずオープンデフである程度のクロカン走行をしてからトラクションデバイスの装着をおすすめします。
なぜかというとトラクションデバイスを装着により、どんな路面状態でも駆動を伝え続けるので危険な状態になっても初心者はわからず進んでしまい転倒・事故に繋がってしまいます。

 

 


LSD

トラクションデバイスの中でも最もメジャーといってもいいLSD(リミテッド・スリップ・デフ)は、数多くの方式・機構が存在します。セッティングも可能でイニシャルトルク・作動速度などを細かく自分好みに変えることが出来ます。ハイスピード系を意識した車作りや普段使いを考えるならLSDは強い味方になってくれるでしょう。

LSDの装着でネックとなるのは費用面です。パーツ代だけで10万前後の出費が必要なだけでなくLSD専用のデフオイルも必要となるので、それなりの出費は覚悟しなければならず、なるべく安くジムニーで遊びたい方には不向きなパーツです。

 

ファイナルLSDフロント用/リア用

ファイナルLSD

ショップ:オフロードサービスタニグチ

¥143,000(税抜)

  • JB23~43用
  • プレッシャーリングを閉じる方向にセットしたスプリングにより、低負荷時のチャタリング音をほぼ無音にすることに成功
  • さらに、ジムニー用LSDとしては最多の10組20枚(フロント用は8組16枚)のクラッチディスクにより、 ヘリカルLSDのような自然なトルク配分と、ドライバーの操作にリンクした強烈なトラクションの両立に成功
  • 特にフロント用は、ステアリングが重くならないという、今までのトラクションデバイスでは考えられない仕上がりを実現
  • LSDオイルへの攻撃性が少なく、さらに、非分解15万km走破(※)という長寿命な点も特徴。専用デフオイル推奨
  • フロント用:プレッシャーリングがスプリングの力で閉じる」という構造のため、1.1wayはもちろん2wayでもキックバックがほとんどなく、違和感のない操作が可能
  • リア用:幅広くマルチに使える「オンロード用」と、よりアグレッシブに走りたい人に向けた「オフロード用」の2種類を用意。なお、AT車ユーザーや渋い走りが信条の人には「オンロード用」がお勧め!!

 

 

JIMKEN STYLE リア LSD

JIMKEN STYLE リア LSD

ショップ:JIMKEN TAC(楽天市場)

¥89,800(税抜)

  • GTカー系トラクションパーツでお馴染みのKAAZ社との共同開発のLSD
  • 特に効きにこだわり、カム角度を65度に設定
  • 他のLSDよりも作動音は控えめ
  • 4WDトライアル競技、廃道・林道クロカンにどうぞ! 
  • 適合車種:ジムニーJA11・JA12・JA22・JB23(1~8型)

 

 


デフ玉ロック

とにかく「走破性」を上げたいというジムニー乗りにおすすめしたいのがこのデフ玉ロックです。装着する事で常時デフロック状態となるのでクロカン・オフロードでは心強いトラクションデバイスとなります。パーツ自体が手頃な価格帯ということもあり多くのジムニー乗りから支持を得ています。またデフロックだからこそできるドライビングテクニックも多くあり、オープンデフでは走破できないラインも走ることが出来ます。

難点は常時デフロック状態ということで街乗りではクセのある挙動となりますので、慣れるまでは慎重な運転が必要です。

 

デフ玉ロック

デフ玉ロック

ショップ:4x4エスポワール

¥13,889(税抜)

  • ジムニーSJ10/30/30.JA71用 小タイプ
  • ジムニーJA11/51/12/22.JB23/33/43用 大タイプ
  • リアのデフケースに入れてピニオンシャフトで、差し込むことで左右輪をデフロック状態にします。
  • 片輪が浮き上がっても走行可能ですので、クロカン走行での最強の味方となります。

 

 


エアロッカー

エアロッカーはジムニーのトラクションデバイスの中で唯一、車内から作動のオン/オフ切り替えが可能で、スイッチ1つでデフロック状態にすることができます。通常走行時はスイッチを切ってオープンデフ状態に切り替えができるので普段は快適に走行できます。クロカン・難所系オフロードがメインステージのジムニー乗りにとっては最強のデバイスです。

LSDと同様にパーツ代が高く、有名メーカーのエアロッカーは特に高額となります。組み付けが悪い場合などは作動不良を起こす事もあり信頼性・確実性を重視するユーザーにとっては好みがわかれるパーツでもあります。

 

ARB製エアロッカー

ジムニー JB23/JB43/JB33 エアロッカー ARB製

ショップ:J-STYLE(Yahooショッピング)

¥138,000(税抜)

  • 高精度、高強度な本家エアロッカー
  • スイッチのオンオフで、デフのオープン、ロックの切り替えが可能な究極のデバイス
  • 別途コンプレッサーが必要

 

 

ファームロッカー

ファームロッカー

ショップ:モーターファーム

¥78,750(税抜)

  • JA11・JA12・JA51/JB23・JB31・JB32・JB33・JB43用
  • エア作動式マニュアルデフロック装置「ファームロッカー」
  • スイッチON/OFFでデフロックと解除が可能です!
  • オフロードでのデフロックの優位性は言うまでも有りません。
  • 街乗り時の不便さ、タイヤがすぐ減る、カーブが曲がりにくい、雨の日に滑る等の理由から溶接デフロックやデフロック玉の装着をためらわれるというお声を多く頂いていました
  • そこで開発されたのが、必要な時だけデフロックが出来る、「ファームロッカー」です。

 

 


カイザーロッカー・EZロッカー

アクセルのオン/オフによってデフロックの作動をコントロール出来る機構を持ったトラクションデバイスです。駆動が必要なアクセルオン時だけデフロック状態となり、アクセルオフ時はオープンデフと同じ状態で走行することが出来るのでタイヤの摩耗も少なく済むので扱い易いデバイスです。ジムニー用ではロックライト・EZロッカーと様々な商品がありますが、これらも基本的に同じ方式です。

価格帯としてはLSDとデフ玉ロックの中間に位置するトラクションデバイスです。本格的なジムニーのトライアル競技・ロッククローリングにエントリーすることを目標にされている方におすすめです。

 

カイザーロッカー

カイザーロッカー

ショップ:津田レーシング

⇒¥128,000(税抜)

  • 津田レーシングが世界に先駆けてKaiser Lockerの日本、アメリカ総代理店を取得
  • Kaiser Locker社は長年にわたって農機具や重機の駆動部品を手がけ、そのノウハウを生かし全く新しいトラクションデバイスを開発
  • 構造は至ってシンプルながら、エアーや電気を一切必要としない完全オートで100パーセントロックを実現
  • 駆動入力が入った瞬間にスムーズに100パーセントデフロックになり、駆動が無くなった瞬間にフリーになる
  • 構造が単純なので故障しにくく、長持ちします。
  • このデフの最大の特徴は、旋回時にトラクションが失われた場合、コーナーの外側の駆動が内側よりも早く回転する点
  • それでいて、駆動は100パーセントタイヤに伝えられます。このことにより、従来のデフロックではタイヤが引きずってうまく回転できなかった
  • ところが、スムーズに回転できるのです。全く新しいオフロード走行に最適なトラクションデバイスと言えます
  • 1年間の保証付きで、保証期限が切れても弊社にて修理、分解、オーバーホールが可能です。
  • 22スプライン8穴用。(JA11,JB23前期,JB33,JB43前期)

 

 

FARM EZロッカー

FARM EZロッカー

ショップ:モーターファーム

¥52,500(税抜)

  • デフロックの究極デバイス!
  • アクセルオンでデフロックになり、アクセルオフでオープンデフになります。
  • LSDより確実にロックし、アクセルオフ時は引きずりもなく扱いやすいので、タイヤの消耗もオープンデフとほとんど変わりません。 
  • アクセル操作だけで、デフロック・オープンをコントロールできる簡単操作が魅力です。
  • 専用サイドギア付きなので、純正サイドギアは使用しません。
  • リア用/JA11・12・22 / JB31・32・23・33・43

 

 


溶接デフロック

知識と道具さえあればもっとも安価にデフロックすることが出来るトラクションデバイスです。道なき道を攻めるベテランのジムニー乗りにはお馴染みの手法でもあります。溶接の仕上がりによっては割れが発生てしまったり、ギアがひずんでしまったりする可能性があるため、今では少数派のトラクションデバイスのひとつとなりました

しかし、費用対効果で考えると溶接デフロックはトラクションデバイスのなかではダントツにお金をかけずに走破性の向上ができます。

参考価格

⇒¥0~

溶接デフロック

参考:溶接デフロック – 好きなこと日記

 

 


ジムニーカスタム関連

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめの社外フロントバンパー

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめの社外リアバンパー

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめのスキッドプレート

ジムニー関連

ジムニー歴代の純正アルミ・スチールホイール

ジムニーを1万円台で1インチアップできるパーツ

ジムニーJB23の中古車でおすすめの年式・型式!購入時の注意点とは!

 

4x4エスポワール ショッピングバナー

4x4エスポワール

ジムニー専門店として20年以上続く4×4エスポワールです!
各種ジムニーパーツはショッピングページよりお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002