ジムニーに大径タイヤを装着するなら干渉対策が必須!

ジムニーに大径タイヤを装着するなら干渉対策が必須!

ジムニーをリフトアップしてどれだけお金を掛けたとしても、タイヤがノーマルサイズではバランスが悪くカッコ良いとは言えませんよね。

車高に見合った大きくてワイドなタイヤを装着することでカッコ良いジムニーが出来上がります。

ただ大径タイヤを装着する時に問題となるのがタイヤハウス内やフレームとの干渉です。無闇に大きいタイヤを履いても干渉対策を行っていないとタイヤ、車体にダメージを与えてしまいます。

今回はこれからジムニーに大径タイヤを履かせたいと思っているユーザーや、大径タイヤの干渉に悩んでいるユーザーに向けてどのように対策をしていけば良いかを紹介していきます。

 


大径タイヤを装着するとどうなるか

ノーマルサイズ(175/80R16相当)はハンドルを左右に切っても、サスペンションがフルストロークしても当たりも干渉もすることはありません。

それがノーマルよりも大きなタイヤを履くと車体側に干渉する可能性が出てきます。

パターンとしては2通りに分けられます。

<1>サスペンションがフルストローク状態の時だけタイヤが干渉する

<2>ハンドルを左右に切っただけでタイヤが干渉する

<1>の場合は軽症な方で街乗りでしか使わないなら、干渉対策をしなくても注意すればトラブルなく走行すれことができます

<2>の場合は重症で何かしら対策を行わないと、最悪はタイヤがバーストしたり、インナーフェンダーやバンパーを巻き込んでしまう恐れがあります。

どれぐらいのタイヤサイズを履けば干渉する?

同じタイヤサイズでもメーカーによって違いがあるためあくまでも参考となりますが、ノーマル車高に限って言うと、、、

現行ジムニーJB64 → 215/70R16または、185/85R16まで(ギリギリ履けるサイズです)

ジムニーJB23 → 185/85R16まで(4型~7型はフロントボディマウント形状が異なるため干渉します)

ジムニーシエラJB33/43 → 純正オーバーフェンダーがあるためタイヤハウスが小さいので、大径タイヤの装着は要注意。

ジムニーJA11 → 185/85R16

 


大径タイヤを履くための干渉対策

大径タイヤを履くにはジムニーの型式・タイヤサイズを考慮し対策しなければならないのはもちろんのこと、何よりも難しいのはリフトアップ量、ホイールオフセット、バンパー形状など様々な要因を考えなければならないことです。

今から紹介する対策方法はタイヤサイズを変えない前提でどんな対策を行えばいいのか挙げてみました。

バンプ規制

サスペンションがバンプする(縮む)量を規制することでタイヤの干渉を抑えます。

サスペンションのストローク量は少し犠牲になりますが、ジムニーのタイヤ干渉対策の中で主流といえる方法です。バンプ規制は主にバンプラバー自体を長くする方法か、バンプ延長ブラケットに交換する方法のどちらかになります。

低コストで対策できる方法でもありサスペンションの味付けを変えることにも役立ちます。

詳しく知りたい方はバンプラバーのラインナップが豊富なショウワガレージさんが詳しく解説してくれています→大容量バンプラバーのイロイロ

ジムニーに大径タイヤ装着した時のバンプ規制
バンプラバーを大容量化しバンプ規制で干渉対策

画像:ショウワガレージ

 

リフトアップ・ボディリフト

車高を上げてボディを上に逃がしてあげることで大径タイヤの干渉を抑えます。

20mmアップ程度でも干渉が収まる場合もあるのでジムニーJA11なら増しリーフ、ジムニーJB64/23ならコイルスペーサーであれば低コストで干渉対策が行えます。

お金は掛かりますがボディリフトも効果的な干渉対策のひとつです。

ジムニーに大径タイヤ装着した時のボディリフト
ボディリフトで大径タイヤの干渉対策

画像:ジムニーDIYレポート

 

ワイドトレッド化

タイヤを横に逃がす(ワイドトレッド化する)ことでタイヤの干渉を防ぎます。

ホイールスペーサーまたは、ホイールのオフセットでワイドトレッド化を行います。幅が広いタイヤを装着している場合には効果的な対策法です。

ただスペーサーの厚みによってはタイヤがフェンダーからハミ出してしまうため、オーバーフェンダーの装着が必要になる場合もあります。

ホイールスペーサー 8,000円(税抜)

ジムニーに大径タイヤ装着した時のワイドトレッド化
ホイールスペーサーによるワイトレ化で干渉対策

画像:Cピラー

 

ロングホイールベース化

ジムニーのホイールベースを延長しタイヤハウス内に干渉しないよう対策します。

ジムニーJB64/23のコイル車の場合ならリーディングアームをロング化または調整式に変更すれば簡単にホイールベースを延長することができます。
ジムニーJA11系のリーフ車はホイールベースの延長する場合は加工が必要なため万人向けな対策法とはいえません。

いずれにしても手間やお金が掛かるため、手軽な方法ではありませんがタイヤの干渉具合によっては必要となる対策法です。

JB 2~5インチ用調整式リーディングアーム(純正ブッシュ込) 51,000円(税抜)

ジムニーに大径タイヤ装着した時のロングホイールベース化
ロングリーディングアームでホイールベースを延長

 

ボディ側の加工

バンプ規制やワイトレ化してもどうしても干渉してしまう時はボディ側の加工が必要となります。少々荒っぽく思われるかもしれませんが、タイヤハウス内の干渉する部分をハンマーで叩いたりカットしたりします。

ランクル並みのタイヤサイズを履こうとしているなら間違いなくボディ側の加工は必須です。タイヤサイズをそれほど大きくしなくてもボディ側の加工をして対策するパターンもあります。

ジムニーは型式ごとに大径タイヤを装着した時に干渉する定番ポイントが存在するので、事前に対策しておくのも良いと思います。例えばJA11系だと燃料ホースのカバー、フロントタイヤハウスのツメやリーフなどが定番のポイントです。

ジムニーJA11 大径タイヤ装着時の干渉ポイント
ジムニーJA11定番干渉ポイントの燃料ホースカバー

画像:tooyoung

JB23系では4型~7型のフロントのボディマウント部が定番で専用の対策パーツが販売されているほどです。その他にはリアタイヤハウスのバンプラバー取り付けステーも定番ポイントです。

 

ジムニーJB23 大径タイヤ装着時の干渉ポイント
ジムニーJB23のフロントボディマウント部

画像:アピオ

 

ジムニーJB23 大径タイヤ装着時の干渉ポイント2
ジムニーJB23のリアバンプラバー取り付けステーをカット

画像:情熱的で有意義な人生を!

 

 


まとめ

大きくてワイドなタイヤをジムニーに履くためには色々な干渉対策が必要なことがわかったと思います。

ジムニーは干渉対策次第でタイヤサイズの選択肢はいくらでも広げられるので、今回の内容をぜひ今後に役立ててみて下さい。

タイヤ・ホイール選びに迷っている方はこちらも参考になると思います。

ジムニーのタイヤ選び・マッチングに悩んだ時に役立つ一覧表

ジムニーのタイヤ選び・マッチングに悩んだ時に役立つ一覧表

 

ジムニーのアルミホイール選びに悩んだ時に役立つ一覧表

ジムニーのアルミホイール選びに悩んだ時に役立つ一覧表

 


ジムニー関連

ジムニー関係記事一覧ページ

ジムニー歴代の純正アルミ・スチールホイール

新型ジムニーJB64をカスタムする前に知っておきたいこと

エスポのジムニーパーツを見てみる

4x4エスポワール

ジムニー専門店の4×4エスポワールです!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002