実はジムニーにも20インチや18インチの大径アルミホイールが履ける

posted in: ジムニー関連, すべて | 0

実はジムニーにも20インチや18インチの大径アルミホイールが履ける

ジムニーのカスタム車両を見ていると気付くことがありませんか?そう、16インチのアルミホイールを履いたジムニーしかないことです。16インチホイールはジムニーカスタムの定番サイズとして浸透しています。

少数派ではありますが、実はジムニーにも20インチや18インチの大径アルミホイールも履くことができるんです。現在のジムニーJB64系や先代のJB23系、さらに古いJA11系の全てに当てはまります。

まだまだ装着車両は少ないですが、20インチや18インチの大径アルミホイールをジムニーに履かせてみたいユーザー向けに詳しく調べてみました。

 


なぜ大径ホイールは浸透しない?

主な要因となるのはジムニーカスタムの主流であったり、ジムニー自体の使用用途が関係してきます。

ジムニーカスタムの王道スタイルは、リフトアップして大径タイヤを履かせるイジり方が定着しています。これは、ジムニーJA11系以前から引き継がれるスタイルで、JB23や最新のJB64でも同じスタイルが好まれています。

使用される用途もオフロード走行はもちろんのこと、釣りから狩猟に至るまで本格的なアウトドアで使われるジムニーが多いことも関係しています。

そんな中で20インチや19インチの大径ホイールはジムニーに全く浸透しませんでした。

ジムニーJB23 3インチアップ
ジムニーカスタムの定番スタイル

特殊なホイールサイズも関係している

もうひとつの要因として挙げたいのは、歴代のジムニーが引き継いでいる5穴・PCD139.7の特殊なホイールサイズです。

ジムニー専用と言ってもいいサイズで、他車種の社外ホイールが流用できないことも大径ホイールが広まらない理由のひとつです。最近は徐々にジムニー専用の大径ホイールも出てきましたが、選択肢はそれほど多くないのが現状です。

しかし、装着できるホイールさえあればジムニーでも18インチ、20インチ、過激な24インチの大口径ホイールまで履かせることができます。


大径ホイールを履いたジムニー

実際に大径ホイールを履いたジムニーを調べると、少数ながらも18インチ~24インチホイールを履いたものが確認できました。

16インチホイールと違うスタイルを探しているユーザーには、大径ホイールを装着したジムニーも魅力的に見えると思います。

一体どんな風に仕上がるのか参考にしてみて下さい。

18インチホイール

リフトアップもされていて、18インチでもまだまだ余裕があるジムニーJB23。

意外とラグジュアリーな18インチホイールを履いたジムニーもイケてます。乗り心地や実用面を考えると18インチ・19インチあたりがちょうど良いかもしれませんね。

ジムニーJB23 18インチホイール装着車両

画像:COC404

20インチホイール

せっかく大口径ホイールを履かせるなら、20インチぐらいを履かせてみたいと考えている方も多いと思います。

こちらのジムニーJB43は迫力満点のエアロバンパーとワイドオーバーフェンダーのおかげで、20インチホイールもしっかりキマってますね。

リフトアップしているようですが、ローダウンしてもかなりカッコ良いと思います。

ジムニーJB43 20インチホイール装着車両

画像:ギッピーオフロード

22インチホイール

ランクル200系クラスでも大径の部類に入る22インチホイールもジムニーに履けるんです。

これと言った改造がされていないジムニーJA11でも、22インチホイールを履くだけでカッコよく仕上がります。

このサイズでノーマル車高だとタイヤハウス内に干渉しないのか心配になりますが、見た目はバッチリですね。

ジムニーJA11 22インチホイール装着車両

画像:BODYSHOP DAISHINの日記

 

24インチホイール

調べていた中で最大サイズのホイールだったのはジムニーJA11が装着していた24インチホイールです。

ショーカーレベルの現実的ではないサイズですが、ジムニーに装着できることは驚きでしかありません。ちなみにこのような超大口径ホイールを履くカスタムはアメリカ発のDUBカスタムとも言います。

ジムニーJA11 24インチホイール装着車両

画像:みんカラ(daytona012)

 


大径ホイールを装着する方法

ジムニーJB23系やJB64系などに大径ホイールを履かせるためには2通りの方法に分かれます。

1つ目はジムニー専用ホイールの装着。2つ目は専用ではないホイールの装着のどちらかになります。

どちらもメリット・デメリットがあるわけですが、最終的な判断はどんなホイールをジムニーに履かせてみたいのかがポイントとなります。

専用ホイール

2018年にジムニーJB64系が発売されてから、新たなカスタムスタイルとして専用の大径ホイールのラインナップが充実し始めました。現在販売されているサイズは18インチ、19インチ、20インチです。

ラインナップが限られている点がデメリットですが、装着時のイメージがわかったりマッチングに苦労しなくて良い点は大きなメリットです。

どんな種類のジムニー専用大径ホイールがあるのか知りたい方はこちらの記事が参考になります → ジムニーのアルミホイール選びに悩んだ時に役立つ一覧表

ジムニーJB74 18インチホイール装着車両
ジムニーJB74 18インチホイール装着車両

画像:エアロオーバー

ジムニーJB64 19インチホイール装着車両
ジムニーJB64 19インチホイール装着車両

画像:ファブレス

専用ではないホイール(注意ポイントあり)

理想は専用ホイールを装着したいところですが、なにぶんラインナップが少なく自分好みのデザインが無い場合もあると思います。

そこで候補に挙がるのが専用ではない他車種用ホイールです。デザインが豊富に選べる反面、サイズのマッチングや装着イメージがわからない点がデメリットです。

そして、専用ではないホイールをジムニーに履かせるためには色々と注意しておいてほしいポイントがあります。

センターハブが厄介

好みのデザインが見つかってもジムニーの場合はセンターハブが厄介な存在となります。

ハブ径が太くて(107Φ or 108Φ)長いため(60mm前後)、ほとんどの他車種用ホイールはそのままで装着することができません。

対策としてハブの影響を受けないようにワイドトレッドスペーサー等で逃がせる必要があります。

ジムニー 邪魔になるセンターハブ

特殊なPCD

ジムニーのPCDは5Hの139.7ですが国産車ではほぼジムニーしか採用されていない特殊なサイズです。

大径ホイールの選択肢を増やすためには、PCD変換スペーサー、PCDチェンジャーを使ってPCDを変換することが不可欠といっても良いと思います。

 

ジムニーJB23 6型限定ランドベンチャー 、7型ワイルドウインド
ジムニーJB23純正ホイール

干渉対策が必要な場合も

大径ホイールのサイズ次第ではタイヤハウス内に干渉する恐れもあります。

ホイールのオフセットはもちろんの事、合わせるタイヤサイズによって干渉の度合いは変わります。マッチングの情報も少ないため入念な下調べが必要です。

対策の基本的な考え方は大径タイヤの干渉対策と同じなので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ジムニーに大径タイヤを装着するなら干渉対策が必須!
ジムニーに大径タイヤを装着するなら干渉対策が必須!


人と被らないジムニーを

今回はジムニーの大径ホイールについて取り上げてみました。装着されたジムニーを見ると案外悪くないと思われたのではないでしょうか?

16インチホイールが定番のジムニーカスタムも、大径ホイールを装着することで人と被らないオリジナリティ溢れるジムニーに仕上がります。

これまで4×4エスポワールで数々のジムニー(デモカーページ参照)を製作してきました。今まで培ったノウハウでホイール選びを始めとした独創的なジムニーカスタムのお手伝いもできます。お気軽にご相談下さい。

 


ジムニータイヤ・ホイール

ジムニーのタイヤ選び・マッチングに悩んだ時に役立つ一覧表

ジムニーのアルミホイール選びに悩んだ時に役立つ一覧表

ジムニー歴代の純正アルミ・スチールホイール

ジムニーに大径タイヤを装着するなら干渉対策が必須!

ジムニー用の格安マッドタイヤ!トーヨートランパスMTがアツい

ジムニーの定番人気タイヤはトーヨーオープンカントリーR/T

ブラッドレーVを知らずしてジムニー用アルミホイールは語れない

オフロード最強のジムニー用マッドタイヤはグラントレックMT2

エスポのジムニーパーツを見てみる

4x4エスポワール

ジムニー専門店の4×4エスポワールです!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002