3代目ジムニーJB23系を便利にする定番の方法

3代目ジムニーJB23系を便利にする定番の方法

見た目をカッコよくする外装のカスタムを優先してしまいがちな3代目ジムニーJB23系ですが、車内の快適性・使い勝手を向上させることも大事です。

ジムニーJB23系には車内の便利にする定番の方法が存在し、収納力アップを車内を快適にしてくれるアイテムがあります。

しかも、今回紹介する便利アイテムのほとんどが純正部品を使用して導入することが出来るので、高いクオリティで利便性アップを実現します。

今回の内容は3代目ジムニーJB23系を乗り始めたユーザーに必見の内容です!

 


助手席シートアンダートレー

グローブボックスには入り切らない書類や小物類を収納するのにちょうど良いスペースなのが、助手席下の収納トレーです。運転席から手の届く範囲の収納は貴重なスペースになります。

実はスズキ純正パーツとして存在し、下記の品番があればディーラー等で取り寄せ可能です。純正品にこだわらないなら、100均に売っているトレーでも代用することができます。

  • 85650-81A01-000(トレイ):約3,300円
  • 86521-81A00-000(ブラケット):約2,695円
  • 03241-0512A-0001(スクリュー)4個:約220円

ジムニーJB23 助手席シートアンダートレイ

画像:週末はガレージで

 


天井収納

車内収納の容量アップを目指すなら、避けては通れないのが天井収納です。基本的に社外品をアレンジしたりする必要があります。

ネット上では、インテリアバーを使用した方法や自由度が高いイレクターパイプを使用した方法が多く見られ、後部座席の頭上に、ネットを張るのが定番となっています。

キャンプ好きや車中泊派には、すぐに取り出したいツールを入れておいたり、釣り好きの方はロッドホルダー専用として使えば利便性は大幅にアップします。

ジムニーJB23 リアラゲッジフラット化

画像:48rider.com

 


リアラゲッジフラット化

ジムニーJB23・JB43で車中泊をしようと思っている方には、リアラゲッジのフラット化は必須項目です。キャンプ等で多くの荷物を積むことが多い方にもメリットがあります。

ジムニーJB23系はリアシートを前に倒してもリアラゲッジ部分とフラットになりません。アイリスオーヤマ製RVボックス770Fがあれば、ちょうどリアラゲッジ部分に収まるサイズなのでリアシートとフラットになります。価格も3,000円程と低価格です。

ちなみに純正のリアラゲッジボックスもあるのですが、なんと3万円前後もする高級パーツです。社外品でもリアラゲッジをフラット化する商品があるので、自分が使いやすいと思うパーツを選んでみて下さい。

ジムニーJB23 リアラゲッジフラット化

画像:48rider.com

 


ラゲッジフック

収納が少ないジムニーJB23でたくさん荷物を積もうとすると、どんどん上に積み重ねていかなければなりません。そうなると走行中に荷崩れしたり、トランクを開けると荷物が倒れてくるなんてこともあります。

ラゲッジフックがあれば、荷物を固定するベルトやネットを引っ掛けることが出来るので安心して荷物を積むことができます。運転席後ろの四隅にクオーターフックを設ける場合は以下の品番が必要となります。

  • 76240-81A00(リヤクォーターフック)4個:約2,700円

ジムニーJB23 クオーターフック

画像:スズキジム男

 

リアトランクの開口にフックを設ける場合は、トヨタハイエースの純正部品を使用します。

  • 58460-33010(トヨタ純正 ストライカーASSY)2個:約1,200円

ジムニーJB23 リアラゲッジフック

画像:ジムニー生活

 


間欠時間調整式ワイパー

ジムニーJB23系のみならず、現行のジムニーJB64系でも定番アイテムとなりつつあるのが「間欠時間調整式ワイパー」です。

元々、ジムニーJB23系のワイパーの1段階目は「間欠時間固定式ワイパー」です。作動する間隔が固定されているため、雨の降り方に合わせて調整できないことが欠点です。

「間欠時間調整式ワイパー」なら、雨の振り方に合わせて調整することが可能です。電気系統のパーツですが、スズキやトヨタ純正部品の流用が可能なので品質面も信頼できます。以下の品番で手に入れることができます。

  • 84652-52090(トヨタファンカーゴ純正 コンビネーションスイッチ):約9,000円
  • 37310-50M20(スズキソリオ純正 コンビネーションスイッチ):約9,900円

ジムニーJB23 間欠時間調整式ワイパー

画像:Muraken(みんカラ)

 


リアルームランプ

暗い場所でジムニーJB23系のトランクの荷物を出し入れする際に、暗くてどこに何があるかわからない!なんて経験をしたことはありませんか?

リアルームランプがあればそんな悩みを解決できます。ジムニーJB23系のXCグレードには付いている装備なのですが、標準グレードには付いていません。

取り付けベースは内装の下に隠れているのでリアルームランプが付いていない車両でも、要領さえわかっていれば取り付け可能です。下記のスズキ純正品番を揃えれば、リアルームランプを取り付けできます。

  • 36210-74F02-6GS(リアルームランプ):約2,200円
  • 36820-81A10(ワイヤ、リアルームランプ):約1,700円
  • 03142-05203(スクリュー)2個:約110円

ジムニーJB23 リアルームランプ

画像:FD+(みんカラ)

 


ドリンクホルダー増設

長距離の運転ではドリンクホルダーが欠かせません。ただジムニーJB23の純正ドリンクホルダーは、サイドブレーキ後ろに配置されていて使いにくいと感じる場面もあるかと思います。

そこで思い出してほしいのがジムニーJB23の灰皿トレーです。ほとんどの方は使うことがないスペースだったかもしれませんが、なんとドリンクホルダーに置き換えることができるんです。

しかも、スズキラパン純正のドリンクホルダーを流用することが出来るので、まるで元から付いていたように装着することができます。下記のスズキ純正部品2点で装着可能です。

  • 73830-85K01-P4Z(カップホルダー):約2,800円
  • 73840-85K00(カップホルダケース):約1,250円

ジムニーJB23 ドリンクホルダー増設

画像:Jimny Base!!

 


アシストグリップ

リフトアップ車やバケットシート装着車両は乗り降りが不便で、何か掴まるものがあるとありがたいものです。でもジムニーJB23系には助手席側にはアシストグリップがあるのに、なぜか運転席側には付いていません。

アシストグリップの装着位置は2通り存在し、1つ目は超簡単に取り付けできるのが運転席頭上のアシストグリップです。2つ目はAピラーに取り付ける方法ですが、難易度は高めです。

  • 76400-70820-6GS(アシスタントグリップ):約800円

ジムニーJB23 アシストグリップ

画像:住 太陽のブログ

 


アイデア次第

今回のジムニーJB23を便利にする定番の方法は、比較的初心者向けの内容を中心に紹介しました。DIY能力が高い人なら、他にももっと色んな便利にする方法があります。チャレンジしてみたい方は「マネしたくなる?ジムニー自作パーツ&カスタム術まとめ」もご覧ください。

車内を快適にすることも大事ですが、外装のカスタマイズも忘れてはいけません。リフトアップやマフラーを交換すればもっとジムニーJB23がカッコよくなります。

4X4エスポワールではたくさんのジムニーパーツを揃えておりますので、ぜひショッピングページもチェックしてみて下さい!

 


ジムニー関連

ジムニー関係記事一覧ページ

ジムニー歴代の純正アルミ・スチールホイール

新型ジムニーJB64をカスタムする前に知っておきたいこと

エスポのジムニーパーツを見てみる

4x4エスポワール

ジムニー専門店の4×4エスポワールです!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002