ジムニーJB64の社外リアバンパーとセットでおすすめしたいリアアンダーパネルとは

ジムニーJB64の社外リアバンパーとセットでおすすめしたいリアアンダーパネルとは

ジムニーJB64には社外リアバンパーが各ショップからリリースされていますが「リアアンダーパネル」はご存知ですか?社外リアバンパーへの交換を予定している方にはぜひ知っておいてほしいパーツです。

特に純正マフラーのままでジムニーJB64を社外リアバンパーに交換するつもりなら必須とも言えます。

それでは「リアアンダーパネル」がどんなパーツなのか紹介していきましょう

 


商品はこんなもの

JB64専用 リアアンダーパネル

画像中央のものがメインのパネルとなる部分です。白い保護シートが貼られているのでわかりにくいですが、ステンレス製2mm厚で鏡面仕上げ(400番)を施しています。

左上の部品が取付ステーとボルトになっています。

これらの部品がリアアンダーパネルのセットになります。


マフラーを隠す目的に

ジムニーJB64の社外リアバンパーは厚みを薄くして車高を高く見せるショートバンパーが主流です。

ネックとなるのは純正マフラーのまま社外リアバンパーに交換すると大きなサイレンサーが丸見えになってしまうのです。

【未装着】JB64専用 リアアンダーパネル

そこでリアアンダーパネルを装着することでショートバンパーにした時に見えてしまう純正マフラーをスッキリ隠してくれます。

【装着】JB64専用 リアアンダーパネル

見比べてみるとどうでしょうか?やはりサイレンサーが見えてない方が断然スッキリ見えますよね。

リフトアップ車両の場合は、なおさらバンパー下が目立つのでリアアンダーパネルの必要性は高まります。


装着はボルトオン

リアアンダーパネルのもうひとつのメリットはボルトオンで装着できることです。

DIYが得意なユーザーなら朝飯前の作業でしょうし、初心者でも工具さえあれば簡単に取り付けできるレベルだと思います。

社外バンパーの形状に注意

どんな社外バンパーでもポン付けで取り付けできるわけではなく、形状によっては加工が必要な場合や取り付けできない場合もあります。

リアアンダーパネルの装着画像を見ればある程度の判断ができると思うので参考にしてみて下さい。

ちなみに装着画像のリアバンパーはJ-up Company製「T-1」です。


ブラック化もあり

パネルはステンレスで製作しているため、そのままならリア周りのアクセントになるでしょう。

逆になるべく目立たせたくない場合には装着画像のようにブラック化するのも良いと思います(塗装する時は下地にプライマーを吹いたほうがハゲにくいです)。

塗装をしなくてもカーボンシートを貼り付けたりしてアレンジしてみるのも面白いかもしれません。

【装着2】JB64専用 リアアンダーパネル


1万円ちょっとで買えます

JB64専用のリアアンダーパネルの気になるお値段は12,500円(税別)です。

今まであるようでなかったパーツなので高いと安いと感じるかは人それぞれだと思います。

欲しかった方からすれば決して高い部類に入るパーツでは無いと思うので、社外品バンパーとセットで購入はどうでしょうか?

【装着】JB64専用 リアアンダーパネル
¥12,500(税別)

JB64専用 リアアンダーパネル

 


ジムニー関連

ジムニー関係記事一覧ページ

ジムニー歴代の純正アルミ・スチールホイール

新型ジムニーJB64をカスタムする前に知っておきたいこと

エスポのジムニーパーツを見てみる

4x4エスポワール

ジムニー専門店の4×4エスポワールです!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002