ジムニーJB23のリフトアップで必要となる補正パーツの役割とは

ジムニーJB23のリフトアップで必要となる補正パーツの役割とは

ジムニーJB23のカスタムで特徴的なのは何といっても車高を上げるリフトアップですが、キチンとした補正パーツの装着が必要となります。

でもジムニーJB23のリフトアップで必要となる、補正パーツ自体の役割がわからずに疑問を残したまま装着するのは、ユーザーとしてはカスタムに不安が残りますよね。

そこで今回のテーマは「ジムニーJB23の補正パーツの役割」です。それぞれの補正パーツをしっかりと理解してもらって、安心安全にリフトアップカスタムを楽しむことが出来るように解説していきたいと思います。
★ジムニーJB64/74についても同様のサスペンション機構なので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

 


【ブレーキの補正パーツ】

まず最初に紹介するジムニーJB23のリフトアップに伴う補正パーツはブレーキです。最初にお伝えしておくことはリフトアップによる制動能力の低下はありません。しかし、ジムニーJB23のリフトアップでは車体部分とブレーキ部分が離れてしまうために補正パーツが必要となります。

ロングブレーキホース

ジムニーJB23では2インチ以上のリフトアップをした場合、車体部分とブレーキ部分が離れてしまうためブレーキホースの長さが足りなくなってしまいます。

そこで必要となるのがロングタイプのブレーキホースです。特にサスペンションを大きくストロークさせる場面の多いオフロード・クロカン走行をするユーザーには必須の補正パーツです。

オンロード走行においても、リフトアップカスタムの安全を確保するために第一に交換を優先する補正パーツとして装着をおすすめします。

JB 国産ロングブレーキホース(ゴム)

ジムニーJB23 ロングブレーキホース
¥7,500(税抜)

 

 


【ショックアブソーバーの補正パーツ】

続いて紹介するのはショックアブソーバーの補正パーツです。ジムニーのリフトアップでは社外品ショックアブソーバーを装着する場合もありますが、純正品のままが良い方やコストをなるべく抑えたい方にはショックアブソーバーの補正が必要となります。

ショック延長ブラケット・ショック延長ボルト

純正ショックアブソーバーはリフトアップすると長さが足りなくなってしまうため、ショック延長ブラケット・ボルトで長さを補います。

補正無しで取付は出来たとしてもショックアブソーバーのストローク不足によって乗り心地の悪化を招いてしまうので、純正ショックアブソーバーのままリフトアップするユーザーには必須となるパーツです。

また取付部の寸法が純正品のショックアブソーバーと同じなら社外品でも取付は可能です。ジムニーJB23ではボルトタイプがフロント用で、ブラケットタイプがリア用となっています。

JB ショック延長ブラケット50mmロング

JB ショック延長ブラケット50mmロング
¥3,000(税抜)<70mmは¥3,600>

 

JB フロントショック延長ボルト 55mmロング

JB フロントショック延長ボルト 55mmロング
¥3,000(税抜)

 

 


【キャスター角の補正パーツ】

まず初めにキャスター角とはホイールアライメントの役割の中のひとつで、主に直進性を保つためのアライメントとなります。ジムニーJB23は車高を上げるとキャスター角のバランスが崩れ、直進性が失われてしまい走行性能に大きく影響を及ぼす部分となります。

さらにキャスター角について詳しく知りたい方は 「キャスター角の効果 – Urban Cafeteria」さんで詳しく解説していますのでご覧ください。

キャスターブッシュ・偏芯ブッシュ

キャスターブッシュ・偏芯ブッシュは純正リーディングアームに圧入されているブッシュを打ち替えてキャスター角を補正するパーツです

純正ではブッシュ中心に穴が開いていますが、キャスター・偏芯ブッシュでは敢えて穴をずらす(偏芯)ことでキャスター角の補正を行っています。

ジムニーJB23のキャスター角補正パーツの中でも、低コストでキャスター角の補正ができるため多くのユーザーから支持を得ています。ネックとなるのはブッシュの打ち替えに油圧プレス機が必要となる点です。できれば圧入時にキャスターブッシュの位置合わせをしてくれる圧入冶具(アピオさん)もあればスムーズに作業できます。

JB 偏芯ブッシュ

ジムニーJB23 偏芯ブッシュ
¥6,000(税抜)

 

JB キャスターブッシュ

JB23 キャスターブッシュ
¥6,800(税抜)

 

リーディングアームダウンブラケット

リーディングアームダウンブラケットはジムニーJB23の純正リーディングアームをそのまま使用し、フレーム側取付位置をダウンさせてキャスター角を補正します。

純正ブッシュが使用できるので耐久性についても信頼できるだけでなく、交換自体も油圧プレスの必要がなく作業できることもメリットのひとつとして挙げられます

デメリットとしてはリーディングアームの取付位置がブラケットでダウンされた分、腹下の地上高が低くなりオフロード走行でヒットする確率が高くなってしまう点です。

JB リーディングアームダウンブラケット

JB リーディングアームダウンブラケット
¥20,000(税抜)

 

 

ロングスパンリーディングアーム

予算を気にせずキャスター角の補正パーツを選べるなら、ロングスパンリーディングアームへの交換がおすすめです。

純正リーディングアームよりも高強度でハードなオフロード走行にも対応するだけでなく、ブッシュはジムニーJB23の純正品を使用できるので耐久性も高くサスペンションの動きを妨げません。

足元から見える赤いアームはドレスアップとして車体のアクセントにもなり、カスタム感を演出できます。

JB 2~4インチ補正済み 強化アーム 2本セット(純正ブッシュ込)

ジムニーJB23 ロングスパンリーディングアーム
¥39,900(税抜)

 

 


【ラテラルロッド関連の補正パーツ】

ジムニーJB23の前後に取り付けられているラテラルロッドは車体とサスペンションの横方向の位置決めをする重要なパーツです。リフトアップに伴うラテラルロッドの長さ不足によって、取付角度が変化してしまい操縦安定性が失われてしまいます。

ラテラルロッドの取付角度を補正せずに傾いたままだと、サスペンションがストロークする際に横方向にズレながら動くので、特にギャップを通過するような時には不快な走行フィールとなります。

それらを補うためのラテラルロッド関連の補正パーツはジムニーJB23のリフトアップには欠かせないパーツとなっています。

調整式ラテラルロッド

ジムニーJB23はリフトアップするとラテラルロッドの長さが足りなくなり車体が横方向にズレてしまいますが、調整式ラテラルロッドを用いれば適正な長さに補正ができます。また調整は車体に取り付けたままでも長さを調整できるようにターンバックル式を採用しています。

調整式ラテラルロッドでは長さを調整すること以外にジムニーJB23の操縦安定性に大きな影響を与えるものが両端のブッシュです。

社外品では主にゴム・ウレタン・ピロボールと3種類のブッシュがあり、それぞれ特性が違いますが粗悪なものを装着すればステアリングジャダーやシミー発生の原因となるので注意しなければなりません。

JB 調整式ラテラルロッド

ジムニーJB23 ラテラルロッド
¥15,000(税抜)

 

リアラテラル補正ブラケット

2~3インチのリフトアップによって取付角度が傾いてしまうリアホーシング側のラテラルロッドをノーマルと同等の取付角度に補正するためのアップブラケットです。

ラテラルロッドの取付位置をアップ補正することで、ジムニーJB23のノーマル車高の取付角度に近くなります。またダウンブラケットと併用して使用することも可能です。

JB リアラテラル補正ブラケット50mm

ジムニーJB23 リアラテラル補正ブラケット
¥6,800(税抜)

 

 

リアラテラルロッドダウンブラケット

ジムニーJB23の2~3インチアップ程度のリフトアップ時にリアラテラルロッドの取り付け位置をダウンして、ラテラルロッドの角度を水平位置に補正します。サスペンションの動きが妨げられず軽快になり、一般道での走行も安定します。

役割としてはリアラテラル補正(アップ)ブラケットと同じではありますが、このダウンブラケットはプロコンプのような太いショックで起きるコイルとの干渉を防ぐ役割もあります。

また4~5インチアップの場合、リアラテラル補正(アップ)ブラケットと併用してラテラルロッドの取付角度を補正する方法もあります。

JB リアラテラルロッドダウンブラケット50mm

JB リアラテラルロッドダウンブラケット
¥12,000(税抜)

 

 


【プロペラシャフト関連の補正パーツ】

走行フィールに大きく影響は与えませんが、タイヤに駆動を伝えるプロペラシャフトはリフトアップにより長さが足りなくなったり、異音が発生してしまう部分となります。

ジムニーJB23のリフトアップをするにはプロペラシャフトの補正が適切でないと、走行不能に陥る恐れもありますのでしっかりとしたパーツ選びが必要となります。

プロペラシャフトスペーサー

ジムニーJB23での3インチアップ以上のリフトアップではサスペンションが大きくストロークした場合にプロペラシャフトのジョイント部の長さが足りなくなってしまいます。ストローク量によってはプロペラシャフトが抜けてしまう恐れがあるため、このプロペラシャフトスペーサーを挟むことでプロペラシャフトの長さ不足を補正します。

ペラ鳴りの改善も期待できるパーツなので、ジムニーJB23のリフトアップには欠かせません。またリフト量が大きくなるにつれスペーサーの厚みも変えなければなりません。

もっと詳しくプロペラシャフトスペーサーに関して知りたい方は ジムニーにプロペラシャフトスペーサーを装着する必要性 をチェックしてみて下さい。

JB用 プロペラシャフト延長スペーサー10mm

ジムニーJB23 プロペラシャフトスペーサー
¥3,800(税抜)

 

 

トランスファーアップマウント

トランスファーのマウントに角度を付け、リフトアップに伴うプロペラシャフトの角度補正をトランスファー側で行うパーツです。ジムニーJB23では3箇所あるトランスファーマウントの内、右前部分1箇所に装着することでトランスファーをアップさせます。

4~5インチアップ以上では必須パーツですが、2~3インチ程度のリフトアップでもプロペラシャフトへの負荷が軽減されることでペラ鳴りの改善が望めます。

その他の効果としては、3箇所すべてにトランスファーアップマウントを装着することでクロカン走行時に障害物からのヒットを回避することができます。

JB トランスファアップマウント

ジムニーJB23 トランスファアップマウント
¥2,500(税抜)

 

 


【スタビライザーの補正パーツ】

峠道のようなクネクネとしたワインディングロードでロールが発生した際に、横方向の車体の安定性を高めるために装着されるパーツがスタビライザーです。

ジムニーJB23をリフトアップするとロールセンターも高くなり、コーナーでロールの抑えが効かなくなり不安定な挙動を起こしやすくなります。オンロードを快適に走るためには不可欠ともいえる補正パーツです。

スタビライザー延長ブロック

ジムニーJB23を2~3インチ以上リフトアップするとスタビライザーの取付角度が変わってしまい装着が困難となります。無理やり装着する事は出来てもスタビライザー本来の性能が発揮されません。

そこでスタビライザー延長ブロックを装着して、スタビライザーの取付角度を補正してあげることで本来の性能を取り戻します。

スタビライザーはオンロードメインの使用では必須パーツではありますが、ジムニーJB23の用途がクロカン・オフロードメインならばスタビライザーはサスペンションのストロークを制限してしまうため、スタビライザー自体を装着しないという選択肢もあります。

JB スタビライザー延長スペーサー30mm

ジムニーJB23 スタビライザー延長ブロック
¥4,000(税抜)

 

 


まとめ

このようにジムニーJB23(同機構のJB64)には多くの種類の補正パーツが存在します。

今まで疑問だった補正パーツの役割も今回紹介させてもらった内容が少しでも参考になれば、これからのジムニーカスタムも進めやすくなると思います。

このジムニーJB23の補正パーツの役割も読んだ上で「安心してジムニーをリフトアップしたい」という方には全ての補正パーツを揃えたJB 4インチ贅沢仕様という4x4エスポワールの中でも最上位のキットがあります。
後からパーツを買い足す必要がないので、リフトアップしたいけど何が良いのかわからない方におすすめです。

 

 


ジムニーカスタム関連

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめの社外フロントバンパー

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめの社外リアバンパー

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめの社外フロントグリル

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめのスキッドプレート

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめのナンバー移動キット

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめの社外マフラー

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめのオーバーフェンダー

【タイプ別で比較】ジムニーJB23におすすめのリアスポイラー

【8種類を比較】ジムニーJB23におすすめのLEDテールランプ

4x4エスポワール ショッピングバナー

4x4エスポワール

ジムニー専門店として20年以上続く4×4エスポワールです!
各種ジムニーパーツはショッピングページよりお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002