ジムニーJB64のルーフキャリア選びの参考になる基本的なこと

ジムニーJB64のルーフキャリア選びの参考になる基本的なこと

ルーフキャリアは昔からある定番パーツですがジムニーJB64/JB74となってから装着率がかなり高くなりました。

本来は荷物の積載能力をアップする目的に装着されるルーフキャリアですが、見た目をカッコよくしたい理由で装着するユーザーも多く見受けられます。

今回はアウトドア系ジムニーカスタムの定番メニューとなりつつあるルーフキャリアについて取り上げてみます!


ルーフキャリアの基本的なこと

なじみのない方からするとルーフキャリア(ルーフラックともいう)といってもわからない部分が多いパーツですよね。

実際に購入する段階になった際には、ある程度ルーフキャリアの基本的なことを知っておかないと必ずあとで後悔することになります。また車中泊やキャンプをする方にとっては実用面もしっかり吟味しておきたいところです。

ルーフキャリア選びを失敗しないために何を知っておけばいいのかまとめました。

車検対応

カスタムパーツを取り付ける時に車検に対応するかどうかは結構重要ですよね。ルーフキャリアはJB64ジムニー、JB74シエラのどちらでも車検に対応するので安心してください。

装着によって全高が高くなるので「大丈夫かな?」と心配される方もいるかも知れませんが大丈夫です。ちょっと専門用語になりますがルーフキャリアは「指定部品」に分類されるため車検に対応します。

見た目が良くなる

荷物を載せるうんぬんよりも見た目重視でルーフキャリアを装着することも珍しくありません。具体的には次の2つの理由が挙げられます。

  • 車高が高く見える
  • アウトドア感が出せる

1つ目はあくまでも視覚的な効果ではありますが、ルーフキャリアで全高が高くなることによって車高が高く見える効果があります。

プラスしてちょっと大きいマッドタイヤを装着するだけでもジムニーの印象はかなり変わります。

2つ目は最近のキャンプブームの再来によってアウトドア=オシャレといった価値観が生まれてきていることが関係しています。

ルーフキャリアを付けていればアウトドア感が演出できるのでオシャレ目的で装着するのも全然アリです。

ルーフキャリアにキャンプギアを積んだジムニーJB64
キャンプ場ではなおさらカッコ良い

画像:jimsuke(CARTUNE)

ベースキャリアが必要となる場合も

実はルーフキャリアとは別に土台となるベースキャリアが必要となる製品もあります。

気にしてほしいのはベースキャリアの高さです。ムダにベースキャリアが高いとルーフキャリアを載せた時に隙間が空いてカッコ良くないのでなるべく高さが低いものを選びましょう。

また、ルーフキャリアによってはベースキャリア不要タイプもあります。

ベースキャリア不要のルーフキャリア(ショウワガレージ)
ベースキャリア不要のルーフキャリア

画像:ショウワガレージ(Yahooショッピング)

予算・工賃

パーツ代についてはピンキリなので結構難しい部分でもあるのですが、低価格帯なら3万円以内。高級路線なら5万円前後ぐらいでしょうか。ベースキャリアも含めるとプラス1万円ほど必要になります。

工賃についてもやはりピンキリではありますが大体1万円ぐらいが妥当だと思います。

固定自体は簡単ですがルーフキャリアを屋根に載せるのが1番の難関です。誰か手伝ってくれる人がいればDIYにチャレンジしてみても良いかもしれません。

違う使い方にも対応

ルーフキャリアの土台となるベースキャリアがあれば違う使い方にも対応できます。

ルーフボックスやサイクルキャリア、スノーボードキャリアといったものに付け替えることができ、自分の用途に合わせて展開していけるので多趣味なジムニー乗りには魅力的なポイントではないでしょうか?

ジムニーJB64 ルーフボックス(モトレージ製)

画像:モトレージ

LEDカスタマイズ

上級者向けではありますがルーフキャリア自体にLEDカスタマイズすることも出来るんです。

ルーフキャリアに初めから付いている製品もあったりしますが、LEDライトバーなどのランプ類を後付けすることでグッとオフロードテイストを演出してくれます。

ルーフキャリアにLEDライトバーを装着
ルーフキャリアにLEDライトバーを装着

ルーフキャリアのデメリット

付けてからでは遅いのでジムニーJB64系にルーフキャリアを装着することによる、基本的なデメリットも知っておきましょう。

安い買い物ではないのでデメリットをしっかり理解した上で購入するかどうかの判断がおすすめです。

走行性能・燃費面への影響

空荷なら影響は少ないですが重たい荷物を載せると重心が高くなるためフラつきの原因や燃費面に悪影響を及ぼします。

大きな荷物の場合は空気抵抗が増えることによって横風に煽られたり、燃費面に影響することも知ってもらいたいポイントです。

全高が高くなる

人によってはもっともネックとなる部分かもしれません。ルーフキャリアを装着したJB64系ジムニーに高さのある荷物を積むと全高2mを超える場合もあります。

立体駐車場などの高さ制限で入れなくなる恐れもあるので、なるべく高さを抑えたルーフキャリアがベターです。

リアラダーや脚立が必要かも

ジムニーJB64/JB74のルーフキャリアでは頭よりも高い部分に荷物を上げる必要があります。さらに荷物の固定もするとなるとドアを開けたところに立ったりでもしない限り届きません。

作業性・安全面を考えるとリアラダーや脚立があると助かります。リアラダーは機能面だけでなくリア周りのドレスアップにも貢献するのでプラス面と捉えることもできますね。

ジムニーJB64のリアラダー

画像:4×4エンジニアリングサービス

風切り音

高速走行するとルーフキャリアの形状や荷物によって風切り音が発生する場合があります。

たかが風切り音ではありますが長距離移動では常に鳴り続けることになるためなかなかの苦痛です。

風よけのフェアリングや対策パーツを装着することである程度の軽減はされるので必要に応じて装着してください。

ルーフキャリア風切り音対策のフェアリング

画像:MASAL(CARTUNE)

洗車がしづらい

ルーフキャリアを取り付けてしまうと屋根周りの洗車がなかなかツラくなります。キャリアの形状によっては手が届かなくなる部分も出てきます。

ほとんど見えない部分ですがキレイ好きにはちょっともどかしいポイントかもしれません。


必要か不要か

良いところもあれば悪いところもそれなりにあるのがルーフキャリアです。まず自分にとって必要か不要か判断するところから始めてみてください。

ルーフキャリア自体のラインナップは充実してきているのできっと自分好みのものが見つかると思います。

悩んで決められないときは4x4エスポワールにご相談ください。お客様のジムニーカスタムをサポートさせていただきます。


ジムニー関連

ジムニー関係記事一覧ページ

3グレードが存在するジムニーJB64にはどんな違いがあるの?

先代ジムニーJB23のグレードの違いは?特別仕様車とも比較!

いつか折る?ジムニーのドライブシャフトについてあれこれ

売却時にマイナス査定となるジムニーのダメなイジり方

中古車購入の判断材料にもなる!ジムニーJA12とJA22の違いとは

ジムニーの中古車がなぜ高いのか考察してみた

エスポのジムニーパーツを見てみる

ジムニー買取します

4x4エスポワール

ジムニー、4WDのことならお任せください!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002