新型ジムニーJB64をカスタムする前に知っておきたいこと

新型ジムニーJB64をカスタムする前に知っておきたいこと

新型ジムニーJB64が発売され現在も大きな注目を浴びています。今までジムニーを知らない層にまで知られるようになって、より一層人気を獲得しています。

そして、これからジムニーJB64を購入する(または購入した)ユーザーの関心事といえばカスタムや改造が挙がってくるのではないでしょうか?

先代のジムニーJB23と似ている構造ながらも、新型ジムニーJB64になってからあらゆる部分に変更が加えられていてカスタムに対するノウハウもこれから徐々に蓄積されていく過程です。

そんな発展途上の新型ジムニーJB64ではありますが、カスタムする前に知っておきたいことや、改造する前に頭に入れておいたほうが良い注意点などをまとめました。

<現時点では判明しないカスタム前のポイントについても、新たな情報が入れば更新していく予定です>

 


<クロスメンバーにプロペラシャフトが干渉>

現行のジムニーJB64をリフトアップするにはコイルサスペンションを交換すればいいだけですが、2インチアップ以上のリフトアップを行うとフロント側プロペラシャフトがクロスメンバーに干渉する恐れがあります。

ジムニーJB64 フレーム
ジムニーJB64のフレーム

画像:ジムニー 走行・環境性能 | スズキ

問題の干渉するクロスメンバーは画像左側の黄色く塗られている「追加クロスメンバー」の部分です。ジムニーJB64にモデルチェンジされてからフレームの剛性を上げるために追加されたメンバーです。

プロペラシャフトがこの部分にレイアウトされていて、2インチアップ以上のリフトアップを行うと干渉してしまいます。

追加クロスメンバーは脱着が可能

じゃあジムニーJB64で2インチアップ以上のリフトアップをしたいときはどうすればいいの?となりますが、実は追加クロスメンバーは脱着が出来る構造になっています。

つまり追加クロスメンバーを取り外してしまえば2インチアップ以上のリフトアップは可能となります。これはコストを極力抑えたい方、フレーム剛性を気にしない方には良いと思います。

でもプロペラシャフトの干渉対策はしたいけど、フレームに関わる部品を外すのは流石に抵抗があるという方には対策品が出ています。

ハイブリッジファースト製 エスケープメンバー
対策品のエスケープメンバー

画像:エスケープメンバー(2インチUP用) | ハイブリッジファースト

黄色く塗られている部分が対策品のエスケープメンバーです。

プロペラシャフトが通る部分に「逃げ」を作り、2インチアップ以上のリフトアップでも干渉しないように作られていて、フレーム剛性も確保することができます。

このようなクロスメンバーを丸ごと変えるタイプもあれば、純正クロスメンバーをそのまま使用するブラケットタイプ(マスターピースさん)もあります

 


<1インチアップでも補正部品が必要>

チョイ上げでいいからなるべく安くジムニーJB64をリフトアップしてみたいとなると、1インチアップ程度が候補に挙がると思います。

1インチ(約25mm)ぐらいならちょっとだけだしコイルスプリングだけを変えれば良いでしょ?となりそうですがオススメしません。

ジムニーJB64ではリアの純正ショックアブソーバーの長さが短いので、取付は出来ても伸び側のストローク不足により乗り心地がかなり悪くなってしまいます。

ジムニーJB64 サスペンション
ジムニーJB64のサスペンション

画像:ジムニー 走行・環境性能 | スズキ

対策としては低コストで済ませたいならショック延長ブラケットの装着、コストを気にしないならロングショックへの交換となります。

またショックの長さを適正化すると1インチアップでも左リアのブレーキホースの長さが足りなくなるので、ロングブレーキホースへの交換が必要となります。

【追記】2インチ以上のリフトアップの場合は全てのブレーキホース(合計4本)についてロングタイプへの交換が必要です。その他ABS配線、エアパイプについても補正ステーの装着が必要です。

 


<足回りは先代のJB23パーツが流用可能>

ジムニーJB64は先代のJB23の足回りと構造がほとんど同じなのでサスペンション関連は流用できるパーツが多くあります。
少し注意点はありますが以下の部品が流用できるようになってます。

  • コイルスプリング
    • 装着は可能だがバネレート・自由長が異なるため組み合わせが必要
  • ショックアブソーバー
    • JB23用の方が全長が長め。リアについてはスペーサーが必要
  • リーディング&トレーリングアーム
    • アームブッシュも流用可能
  • リア用ラテラルロッド
    • フロント用は取付穴径が異なるため流用不可

ジムニーJB23のパーツが手元に余っているユーザーや、JB64専用パーツを装着したいけどまだ納得できるパーツが見つからない方には、JB23用パーツを流用して組み合わせるという方法も可能です。

ジムニーJB23 フロント足回り
先代のジムニーJB23の足回り

 


<LEDヘッドライト装着車のリフトアップ注意点>

ジムニーJB64 XCグレードに採用されている純正LEDヘッドライトには光軸のオートレベリング機構が備わっていて、この機構がリフトアップした際に光軸を上向きにさせてしまいます。対向車に迷惑がかかるだけでなく車検時の光軸テストにパスしない可能性もあります。

この上向きになってしまう光軸を補正してくれるパーツは既に多くのショップから発売されていますので、LEDヘッドライト装着車でリフトアップを考えているユーザーには必須パーツです。

調整式レベライザーロッド
調整式レベライザーロッド

参考⇒調整式レベライザーロッド | オフロードサービスタニグチ

 


<リフトアップするとセーフティサポートに不具合?>

上級グレードのXCなどに装備されているジムニーJB64のセーフティサポート機能はブレーキサポート・誤発進抑制機能・ハイビームアシストなど多くの安全機能をコントロールしています。

下の画像のようにフロントウインドウ上部に単眼カメラとレーザーレーダーのユニットが配置されています。

スズキセーフティサポート
ジムニーJB64のセーフティサポートユニット部

画像:ジムニー 安全装備 | スズキ

このセーフティサポート装着車のジムニーJB64はリフトアップまたはローダウンによる車高変化によって作動条件が変わってしまうため不具合を招く恐れがあります。

既にショップによっては「◯インチアップでセーフティサポートの動作確認できています」という触れ込みもありますが、キチンとした方法で作動条件を適正化する対策ができます。

エーミング作業で対策

リフトアップなどの車高変化によるセーフティサポート作動条件の変化を、エーミングという作業で対策することができます。

⇒参考:TPM-R エーミング作業について | 技術サポート | 株式会社ツールプラネット

注意点は専用機器を使って単眼カメラとレーザーレーダーの調整を行うので個人レベルで出来る作業ではなく、スズキディーラーや設備の整った整備工場でしか作業を受け付けてくれません。

またディーラーによってはリフトアップ車の作業を受け付けてくれない場合があるので事前に確認しておきましょう。

 


<ヘッドランプウォッシャー付きのバンパー交換は…>

XCグレードに装備されるジムニーJB64のLEDヘッドランプにはフロントバンパーにヘッドランプウォッシャーが装備されています。

発熱量の少ないLEDはヘッドライトに着雪した際に雪を溶かすことが出来ないので、ヘッドランプウォッシャーによって着雪を防いでいます。

フロントバンパー交換時にはこのヘッドランプウォッシャーを装着できる社外品に交換するか、ウォッシャーレス(雪国の方は非推奨)にする必要があります。

ジムニーJB64 ヘッドランプウォッシャー
ジムニーJB64のヘッドランプウォッシャー

画像:ジムニー 安全装備 | スズキ

 


<ステアリングジャダー対策は不要かも>

先代のジムニーJB23で頻発していたステアリングジャダーをスズキ側も問題視したのか、ついにジムニーJB64ではステアリングダンパーが標準装備されることになりました。

先代ではジャダーストップキットなる専用パーツも販売されるほどジャダー対策のアフターパーツが考えられてきましたが、ステアリングダンパーの標準装備によってジャダーが発生する可能性はグッと低くなりました。

もしJB64でジャダーが発生した場合は「ジムニーでジャダー・シミーが発生した時の原因と対策まとめ」を参考にしてみて下さい。

ジムニーJB64のステアリングダンパー
ジムニーJB64のステアリングダンパー

画像:ジムニー 走行・環境性能 | スズキ

 


<トラクションデバイスが標準装備>

新型ジムニーJB64が発表されたときに、オフロード好きのジムニー乗りにとっては結構大きなニュースだったかもしれないですがトラクションデバイスが標準装備されました。

その名も「ブレーキLSDトラクションコントロール」というデバイスで、空転を察知するとそのタイヤにブレーキを掛けて、もう一方のタイヤに駆動を伝える仕組みになっています。

よっぽど険しい道にでも行かない限りはこの「ブレーキLSDトラクションコントロール」で走破できそうですが、本格的なクロカン・トライアルで使用する場合にはアフターパーツの装着が必要かもしれません。

アフターパーツの参考にはジムニーに最適なトラクションデバイスは?デフロック?LSD?をチェックしてみてください。

ジムニーJB64のブレーキLSDトラクションコントロール
ジムニーJB64のブレーキLSDトラクションコントロール

画像:ジムニー 走行・環境性能 | スズキ

 


<エンジンがK6A⇒R06Aに型式変更>

ジムニーJB64になりエンジンがK6AからR06Aに型式変更されたことで各部品のレイアウトや使用されている材質などがごっそり変わっています。

まず外観から見てわかるところが今までインタークーラーが鎮座していたエンジン上部にはエアクリーナーが配置されるなど(インタークーラーはグリル前に移設)、これまでのK6A・F6Aエンジンのレイアウトとは大きく変わっています。

20年以上に渡って搭載されていたK6Aエンジンのチューニングノウハウが通用しなくなるので、まだR06Aのエンジンチューニングにおいては十分なパーツが揃うまでもう少し時間がかかりそうです。

ジムニーJB64のR06Aエンジン
ジムニーJB64のR06Aエンジン

画像:ジムニー 走行・環境性能 | スズキ

 


<ノーマル車高で履けるタイヤサイズ>

ジムニーの特徴的なカスタムのひとつとして、車を大きく見せるために純正よりも大きいタイヤサイズに履き替えることが定番となっています。

車高を上げればタイヤの選択肢は広がりますが足回りにも手を加えなければいけないため、ノーマル車高で履けるタイヤサイズを知りたいユーザーも多いのではないでしょうか?

ジムニーJB64がノーマル車高で装着できるタイヤサイズは以下のようになっています。

  • 175/80R16【純正サイズ】
    • ⇒外径685mm x 幅180mm(約)

  • 185/85R16【大径タイプ】
    • 外径720mm x 幅185mm(約)

  • 215/70R16【幅広タイプ】
    • 外径710mm x 幅220mm(約)

共にノーマル車高の限界サイズなので、本格的なオフロードを走るならリフトアップがおすすめです。

大径タイプはマッドタイヤのラインナップが多く、幅広タイプはオールテレーンタイヤのラインナップが多いです。もし購入を検討しているならジムニーのタイヤ選び・マッチングに悩んだ時に役立つ一覧表がお役に立つと思います。

 


<まとめ>

今回は初めてジムニーJB64を所有するユーザーのために、カスタムする前に知っておいてもらいたい注意点などをを紹介させていただきました。

リフトアップ用の補正パーツについて詳しく知りたい方はJB64でも共通するジムニーJB23のリフトアップで必要となる補正パーツの役割とはを参考にしてみて下さい。

カスタムの仕方によってはまだまだ説明の足りない部分はありますが、ジムニーカスタムの醍醐味は「おもちゃ感覚でイジれること」です。わからないこともユーザー自身で試行錯誤しながら作り上げていくことが楽しくなってくると思いますよ!

 

 


ジムニー関連

ジムニー歴代の純正アルミ・スチールホイール

ジムニーのアルミホイール選びに悩んだ時に役立つ一覧表

ジムニーを1万円台で1インチアップできるパーツ

エスポのジムニーパーツを見てみる

4x4エスポワール

ジムニー専門店の4×4エスポワールです!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002