【検証】ジムニーのローダウンカスタムはアリ?ナシ?

【検証】ジムニーのローダウンカスタムはアリ?ナシ?

ジムニーといえば車高を上げるリフトアップカスタムが定番スタイルですが車高を下げるローダウンカスタムも存在します。

少数派のカスタムではあるものの、これからジムニーカスタムを始めるにあたって、どんなスタイルにしようかお悩みの方にローダウンはアリかナシかを検証してみます。


ジムニーカスタム史ではナシだった

30年近くジムニーカスタム専門店を営んできた中でお客様、ショップ様の多くのカスタムされたジムニーを見てきました。

その中で言えるのは、これまでのジムニーカスタム史でローダウン(シャコタン)はナシに分類されるカスタムだったと位置づけられます。

その理由はローダウンカスタムしたジムニーがまったく浸透しなかったことが物語っているでしょう。

これまでローダウンしたジムニーといえば変わり種カスタムとして取り上げられるのが精一杯で、明らかに支持を得られていませんでした。

4×4エスポワールでも過去にジムニー用のローダウンサスペンションを販売していた時期もありましたが、やはり売れずに廃盤にした過去があります。

なぜ浸透しなかった?

あくまでも推測にはなりますが何よりもジムニーが「本格派の四駆だから」に尽きると思います。

本格派の四駆に分類される他車種の例を出すとランクル70、ジープラングラーでもローダウンカスタムは圧倒的に少数派のカスタムです。

クルマ本来の持ち味を際立たせる(走破性の向上)カスタムに疑問は抱かれませんが、走破性を犠牲にするローダウンには理解が得られず浸透しなかったと考えられます。

ジムニーJB23 4インチアップ車両 フロントから
ジムニー定番のリフトアップスタイル

現行ジムニーJB64はアリとなるか

ジムニーカスタム史をひっくり返すかもしれないのが、爆発的な人気で発売から3年以上経っても納車待ちが続いている現行ジムニーJB64系です。

ジムニーの台数が増えたことで従来はジムニーを扱わなかったカスタムショップも参入し、とても活気づいている中で興味深いのがローダウンを含め様々なスタイルが提案されている点です。

ユーザー自身も今までジムニーとは無縁だったケースも多く、ローダウンやシャコタンに対してネガティブな先入観がありません。

もしかすると現行ジムニーJB64系はジムニーカスタム史で初めてローダウンを「アリ」にする可能性を持っているモデルかもしれません。

ジムニーJB64 19インチホイール装着車両

画像:ファブレス

あえてのローダウンという選択

カスタムをするきっかけには様々な理由があるとは思いますが、根源には「個性」を出したい気持ちが原動力になっているかと思います。

そこでリフトアップ一辺倒のジムニーカスタムにおいて、あえてのローダウンという選択は個性を強く出せるカスタムであるといえます。

むしろ、今までローダウンから縁遠かった先代ジムニーJB23や先々代のJA11こそ意外性があって面白いかもしれません。

ジムニーカスタム史ではナシだったとしても、独自のスタイルを打ち出すことに重点を置くならローダウンは決して間違った選択ではないのです。

乗降性が良くなるメリットも

スタイル重視のローダウンが主流だとは思いますが、乗り降りをしやすくする利便性重視のローダウンもアリです。

大人からすれば悪くないジムニーの乗降性も、小さな子供にとってはそうとは限りません。

たった数センチ車高を下げるだけでも乗り降りする時に違いが出てくるので、ジムニーを買ったものの乗降性に不満がある方はローダウンもひとつの解決策となるでしょう。

ローダウンが基本の「JIMNY SUPER LAP」

必然的にローダウンが必要になるジムニー業界で昨今話題のイベントも紹介しておきましょう。それは千葉県のレインボーオートさんが主催する「JIMNY SUPER LAP」です。

なんとジムニーワンメイクのサーキット走行会でタイム計測も行われるため、エントリー車両の多くは重心を低くするためにローダウンが施されているのです。

オフロード以外のジムニーの楽しみ方を提案する画期的なイベント、かつ唯一ローダウンジムニーが集うイベントだけに注目度も高いです。

サーキットを走行するローダウンジムニー
サーキットを走行するローダウンジムニー

画像:ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ


ローダウンする時の注意点

ネット上ではジムニーをリフトアップする時の注意点に関してはたくさんの情報が出てきますが、ローダウンに関してはやっている人が少ないだけに情報は多くありません。

ジムニーをローダウンする時にはどんな注意点があるのでしょうか?基本的なポイントを並べてみます。

  • 過剰な車高ダウン、使用する部品によっては車検に通らない
  • ショックの底付き、バンプタッチによって乗り心地が悪化
  • ラテラルロッドの長さ過剰によって車体のズレが発生

実はこれらのポイントはリフトアップカスタムでも同様に注意しなければいけない点で、事前に知識を持ってさえいれば補正パーツなどによって対策をすることができます。


アリか?ナシか?

ジムニーのローダウンについてあれこれ考えてみました。

リフトアップサスペンションを取り扱う側からするとナシと言いたいところですが、やっぱり色んなイジり方があったほうが面白いと思うので全然アリだと思ってます。

4×4エスポワールはジムニーのリフトアップを得意としていますが、基本的な考え方はローダウンにも共通する部分が多くあります。もしジムニーのローダウンを検討されている方はお気軽にご相談ください。

 


ジムニー関連

ジムニー関係記事一覧ページ

ジムニーのはみ出しタイヤ&サイド出しマフラーの車検基準が緩和!

リフトアップしたジムニーは注意!車検で問われる直前側方視界基準とは

ジムニーJB64/JB23はリフトアップしても基本的には車検に通ります

車検対応・構造変更不要でジムニーをリフトアップできる増しリーフ

エスポのジムニーパーツを見てみる

ジムニー買取します

どんなジムニーでも車検と修理OK!

4x4エスポワール

ジムニー、4WDのことならお任せください!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002