ジムニーの中古車がなぜ高いのか考察してみた

posted in: ジムニー全般, すべて | 0

ジムニーの中古車がなぜ高いのかを考察してみた

「中古車のジムニーってなんであんな高いの?」って多くの方が口を揃えて言います。

独断と偏見でジムニーの中古車はなぜ高いのかを考察してみました。

中古車のジムニーが高くなる理由は言い換えるとジムニーが売れる理由とも捉えることができるので、その点も加味しながら読み進めていってみてください。


ライバル車が不在

もっともライバル車として近い存在だったのが2012年に終了してしまったパジェロミニです。

しかしながら実際にはジムニーとパジェロミニには大きく違う点があります。

それはジムニーに「ラダーフレーム」と「前後リジッドアクスルサスペンション」が採用されている点です。

いわゆる本格4WD車に採用される構造でランクル70系やジープラングラーに採用されているといえばわかりやすいでしょうか。

パジェロミニではこの構造を採用していないため厳密にはライバル車であるとは言い難く、軽自動車のみならず小排気量クラスで本格4WD車と言える車はジムニーしかない状況なのです。

よって中古車市場でも需要に対して供給できる車がジムニーだけなので「少々高くても売れる → 値落ちしない」といった流れになるわけです

パジェロミニ
ライバル車として近い存在だったパジェロミニ

圧倒的ブランド力

たかが軽自動車とはいえジムニーのブランド力、ネームバリューは圧倒的なものがあります。

発売から50年の歴史はもちろんのこと、ひとつの社会現象とまでいわれる現行のJB64/JB74ジムニーの驚異的な人気のおかげでさらにブランド力は強まった印象があります。

それには確かなバックボーンがあってのことで50年間変わらない基本構造しかり、オフロードでの走破性といったコンセプトをスズキが守り続けてきた故です。

中古車市場でもこのブランド力が値落ちしない理由のひとつとして大きな影響を与えていると思います。

歴代ジムニーのデザイン


高いけど安い車

中古車が高いといわれるジムニーですが視点を変えると安い車とも判断できます。

なぜならオフロードで遊べて、イジって楽しめて、なおかつ低価格な車を探すとなるとジムニーの一択となるからです。

フルサイズのランクルやジープラングラーで同じ遊びをしようとすれば車体、パーツ、維持費はジムニーの比じゃありません。しかもジムニーのポテンシャルはフルサイズ勢と負けずとも劣りません。

アフターパーツが豊富で安く、乗っている人も多いだけあって色々な情報が入手しやすいのもジムニーの良いところだと思います。

総合的に見て掛かる費用や車としての楽しみの幅も考慮していくと、結果的にジムニーの中古車は高いように見えても安い車と評価され売れるのだと考えます。


キャンプ&アウトドアブームも後押し?

もともとジムニーはキャンプ&アウトドアと相性が良い車ではあるのですが、昨今のキャンプブームでアウトドアギアとしてジムニーをチョイスする層が増えていることも中古車相場に少なからず影響を与えていると思います。

有名なところでは芸人のヒロシさんがYoutube内でジムニーを愛車としてキャンプで使い倒していたり、SNS上ではジムニーでオシャレにキャンプをしているユーザーを多く見つけることができます。

ネット上でのこれらのコンテンツを目にした人達がジムニーに対してポジティブな印象を持ち、中古車を購入する動機へと繋がっているとも推測できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OUTDOORあそびーくる(@outdooraso_vehicle)がシェアした投稿


ないと困る車だから

先代JB23ジムニーの時は現在のような爆発的な人気はありませんでしたが、コンスタントに月間1000台ほどは販売されていたのです(現行JB64は月間3000台ほど)。

参考:統計資料 – 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

そう、購入される方の中には「ジムニーじゃないとダメ」「ジムニーが良い」といった確かな需要があります。

わかりやすい例はJAFで使用されるジムニーです。レッカー車が入れないような細い山道での救援にはコンパクトで走破性の高いジムニーがベストなのです。

日本郵便では豪雪地帯でも確実に配達できるようにジムニーを配置しているのもわかりやすい例だと思います。

この他に生活圏に険しい道があったり、山の奥深く入る林業や猟師関係の方にとってもジムニーは「ないと困る車」なんです。

ジムニーだけに需要が集中するので自然と中古車相場も値落ちが少なく高くなってしまう要因となります。

JAFのジムニーJB23

画像:千葉の住人「dun」のジムニー


JA系ジムニーのオシャレ化

ここ数年で価格高騰の著しいモデルが発売から30年近く経つJA系ジムニー(JA11/JA22など)です。

オフロード走行のベース車両として昔から高い人気を誇っているモデルですが、時代の流れとともに価値観が変わり現在は「オシャレな車」としても評価されるようになってきました。

現行JB64系がJA系ジムニーの特徴的なデザイン(角張ったボディ、丸目ヘッドライト)をオマージュしたことでオシャレ化にさらに拍車をかけた感があります。

中古車市場ではボディに全塗装を施し、内装もリフレッシュを行ってオシャレに仕上げた車体だと100万円を超えることもザラです。

このようなオシャレに仕上げた車体がJA系ジムニーの相場を引き上げていることは間違いありません。

オシャレ化したJA系ジムニー
オシャレ化したJA系ジムニー

結論:ジムニーしかないから

ジムニーの中古車が高い理由を考察してきましたが色々な要因が絡み合いながらも、書き出してみると「ジムニーしかないから」のひとつに尽きると思います。

結局ジムニーと競合できる車がない以上、需要と供給のバランスで成り立っている中古車市場で需要が集中するジムニーの中古車が高くなるのは自然なことです。

あくまでも独断と偏見で勝手に考察しただけの内容ではありますが、少なからず当てはまる内容があるのではないかと思います。

 


ジムニー関連

ジムニー関係記事一覧ページ

3グレードが存在するジムニーJB64にはどんな違いがあるの?

先代ジムニーJB23のグレードの違いは?特別仕様車とも比較!

いつか折る?ジムニーのドライブシャフトについてあれこれ

売却時にマイナス査定となるジムニーのダメなイジり方

中古車購入の判断材料にもなる!ジムニーJA12とJA22の違いとは

エスポのジムニーパーツを見てみる

ジムニー買取します

4x4エスポワール

ジムニー、4WDのことならお任せください!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002