ジムニーの車検費用は大体いくらぐらい必要なのか?カスタムしていても大丈夫?

ジムニーの車検費用は大体いくらぐらい必要なのか?カスタムしていても大丈夫?

基本的にジムニーは2年毎に車検を受ける必要があります。そのたびに確実に出費が必要となるため、ジムニーの車検には大体いくらぐらい必要なのか知っておきたいところではないでしょうか。

そしてジムニーがカスタムされている場合の車検についてもどうなるのか気になるところだと思います。

今回はジムニーの車検に掛かる大体の費用や、カスタムしている場合の車検のことについて取り上げていきます。

ジムニーの車検に掛かる費用

車検を行う業者によって掛かる費用は違ってきます。

あくまでも車両側に大きな問題がなかった場合だと仮定すると、業者により異なりますが5万円~8万円前後見ておくといいでしょう。

ここから消耗品の交換が必要になったり、修理が必要な箇所が見つかった場合には別途費用がかかることになります。

高額修理となる場合にはプラス10万円以上の費用が発生することもあるので、特に経年劣化が目立ってくる古いジムニーなどは要注意です。

ジムニー リアラテラルロッド

ジムニーの車検費用は2つに分類できる

何度か車検を経験したことのある人はすでにご存知かもしれませんが、車検には「法定費用」と「点検整備費用」の2つに分類できます。

「法定費用」は車検を受けるにあたって最低限かかる費用のため、どこの業者に頼んでも費用は一律です。

「点検整備費用」は点検作業や整備等に掛かる部分となるため、サービス内容が業者によって異なり費用も違ってきます。

法定費用

自動車重量税、自賠責保険料、印紙代の3つに分類することができます。国に納める税金・保険となるので安くなることはありません。

むしろ古いジムニーの場合は自動車重量税が高くなります。現行型のジムニーJB64なら6,600円ですが、先々代のジムニーJA11になると製造から18年以上経過しているため8,800円となってしまいます。
※ジムニーはエコカー減税が適用されない。

参考:自動車重量税の税額一覧表【軽自動車・二輪|新車新規・継続検査】 – クルナビ

以下の表はジムニーJB64の法定費用となります。

ジムニーの法定費用
自動車重量税(※1) ¥6,600
自賠責保険 ¥19,730
印紙代(※2) ¥1,500
合計 ¥27,830

※1:エコカー外 13年未満の額
※2:民間車検場での料金。認証工場の場合は印紙代が100~700円上乗せ

点検整備費用

各業者間の車検費用に差が出る理由はこの部分です。業者選びによって安くなったり高くなることもあります。

費用は高めでも信頼性のあるディーラーにするか、少しでもお金が掛からないようにしたいなら民間車検や認証工場が候補に上がってきます。

最大限にまで節約したいなら業者を介さずに、自らジムニーを陸運局まで持ち込んで車検を受けるユーザー車検という手もあります。

いずれにしても車検に通らない不具合が見つかった場合には修理または手直しが必要となります。ランプ切れ程度の軽度のものであれば大した費用はかかりませんが、先述の通り古いジムニーなどは高額修理も覚悟しておきましょう。


カスタムしたジムニーの車検は?

カスタムされたジムニーであっても確実に車検に対応するカスタムパーツであれば、装着したまま車検を受けることが可能なので、ノーマル車と変わらない費用で済みます。

これで話が片付けば簡単なのですが、数多くのパーツが存在するジムニーはそうはいきません。パーツによっては手直しや取り外しが求められる場合があります。となれば手直し費用や脱着工賃が必要となってきます。

また、軽自動車の規格を超えてしまっている場合には普通車への構造変更申請が必要になり、専門的な知識が必要になります。

ここまでやってくれる業者は稀で、場合によってはカスタム車両の車検を引き受けてくれない業者もあったりします。

4x4エスポワール デモカー JB23ジムニー
軽自動車から普通車に構造変更したジムニーJB23

カスタム車両は敬遠される存在

もし車検対応として販売されているカスタムパーツであっても、検査する側(業者含む)は保安基準の要件を満たしているかなどを確認する必要があります。

その他にジムニーの場合は特殊なパーツや自作品などが装着されている場合も珍しくなく、難しい判断が求められるケースもあります。

台数をこなしていかなければいけない検査する側にとって、それらを確認するために余計な時間が掛かってしまうことはなるべく避けたい作業です。

以上のことからカスタム車両は検査する側から敬遠される存在となり、車検を引き受けてくれないことにも繋がってしまうのです。

どんな部分がチェックされる?

リフトアップカスタムが施されたジムニーの意外な車検でのチェックポイントは「視界」でしょう。

車高を高くした状態でも運転席から視界がちゃんと確保されているかが確認され、視界が確保されていない場合にはミラーやカメラを取り付けて対策しなければなりません。

このルールの注意点は古いジムニーだと適用されず、どの型式の何型から適用されるのか認識しておくことも大切です。

以下の記事で詳しく紹介しています。

リフトアップしたジムニーは注意!車検で問われる直前側方視界基準とは

もうひとつはシビアな判断がされる9mmオーバーフェンダーも車検で気になるパーツです。

オーバーフェンダーが軽自動車の横幅の規格を超えていたとしても、左右で20mm以内(片側10mm以内)の出幅なら問題ないとされているのです。

ただ、検査官の判断によって厳密に計測され、もし左右20mmから1mmでも超えていると不適合と判断されます。こちらについても以下で詳しく書きました。

オーバーフェンダーをジムニーに装着する時に車検で気を付けてほしいこと


ジムニー専門店ならカスタム車の車検もOK

当店も含め大抵のジムニー専門店はリフトアップされ、大径タイヤを装着したカスタムジムニーばかりを取り扱っています。

もし、他店で断られてしまったのなら知識&経験豊富なジムニー専門店に相談されてみることをおすすめします。

少し敷居が高いと感じたり、費用も高めなのでは?といったイメージもあるかもしれませんが、ジムニーを知り尽くしているので結果的に安くなることもあります。

大阪や関西圏にお住まいなら4×4エスポワールがジムニーの車検をお手伝いいたします。実際に「どこも車検を引き受けてくれたなかった」と当店に相談に来られるお客様も多くいらっしゃいます。お気軽にご相談ください。

 


ジムニー関連

ジムニー関係記事一覧ページ

ジムニーのはみ出しタイヤ&サイド出しマフラーの車検基準が緩和!

リフトアップしたジムニーは注意!車検で問われる直前側方視界基準とは

ジムニーJB64/JB23はリフトアップしても基本的には車検に通ります

車検対応・構造変更不要でジムニーをリフトアップできる増しリーフ

エスポのジムニーパーツを見てみる

ジムニー買取します

どんなジムニーでも車検と修理OK!

4x4エスポワール

ジムニー、4WDのことならお任せください!
各種ジムニーパーツはショッピングページからお買い求めいただけます。
オリジナルパーツの製作、業販なども承っております。
今まで製作してきたジムニーはデモカーからご覧になれます。
過去のイベント・レース参戦記録などはクラブより!

〒556-0014
大阪府大阪市浪速区大国1-6-8
TEL: 06-6648-1001
FAX: 06-6648-1002